3月11日

東日本大震災。一年前の今日から、一年経った今日まで、震災について語ることがどうしても躊躇され、こうして言葉にしてあらためて表現することは、あの日以来、初めてです。余りにも深い痕跡を残した災害。こうして思いを馳せると、一年が過ぎた今でも心がざわめき、様々な思いが次から次へと自然に湧いてきます。

関東に住む私は、被災地から離れた所にいます。
どうにもならないような運命に直面してきた方々の思いを、どれくらい実感を持って想像できるのだろうと考えると、それは、とても難しいことで、また、容易に「分かっている」と思うのだとすれば、既にその時点から、実際に被災された方の心の世界からは遠く離れていってしまうのであろうと思っています。

でも、日本中の、世界中の、多くの人が、立ち止まり、これまでの日常では感じなかった気持ちを少なからず意識したり、何かを考えたりして、2011年3月11日からの日々を過ごしてきたのではないでしょうか・・・どうでしょう。

いま、私たちにできること

被災地に足を運び、積極的な活動を通じて「私たちにできることを」をしている方もいます。また、直接的な活動ではなくても、震災によって大きく変化した社会生活や自分の気持ちに対して、できる限り「いつも通り」を心がけ、今の自分を生きることで、「私たちにできること」をしている方もいます。形は異なりますが、どちらも、新たな一歩に向けて「いま、私たちにできること」だと思います。

3月11日。
「亡くなった方の冥福を、もし失礼じゃなければちょびっと祈ります」と
私が遠くで達者を祈っている知人は表現していますが、
私も・・・
失礼でなければ、亡くなった方々のご冥福を祈り、今日一日を過ごそうと思います。

Ohkusa Psychotherapy Educational counsel Network Laboratory
大草心理臨床・教育相談室 ”お~ぷん・ラボ”

〒226-0013 横浜市緑区寺山町97田辺ビル2F1号
TEL. 045-938-6195 FAX. 045-938-6196
Email. ml@open-labo.com
[ 個人情報について ]

© 2021 Open-Labo. All Rights Reserved.