秋の夜長に思い浮かんできました

秋の夜長に思い浮かんできました

猛烈に暑い夏がやっと終わりを告げたと思ったら、既に10月。
驚いたのは、今朝、まだ蝉が鳴いていたことです。これでもか~という風にミーンミンミンと鳴いていたので、思わず笑ってしまいました。

ここ数日、どうも喉の調子が悪く、イガイガしとりました。そして、ついに今日は朝起きると、声が出ない・・・。まいりました。トホホ。
季節の変わり目。体調を崩しやすい頃です。みなさんも、気を付けてくださいね。

さて、喉の痛みと鈍い頭痛を抱えつつ一日を過ごし、夜も更けてきくると、むかしむかしの懐かしいイメージがふと浮かんできました。

私は小学校入学前だったでしょうか。こう見えて(ホームページだから見えないか)虚弱な子ども時代を過ごしていました。
あの日は、夜中に急に激しい頭痛と嘔吐。かかりつけの医院に母が電話をし、急患で診察を受けに行くことになりました。寒い冬。外は北風がひゅ~ひゅ~吹いていました。医院まで大人が歩いて20分くらい。何枚も重ね着。毛糸のボンボンつき帽子とマスク(勿論布製)をつけました。
母の背中におんぶされていた約20分の出来事。母の背中は温かくふんわりとしていて、何よりほっと安心でき、気持ちが良かった。母の背中におんぶされていた時、頭痛と吐き気は確かにあるのですが、安心してその温かくふんわりとしたその感じに包まれながら、自分に起こっている全体的な感じをぼんやりと感じていたように思います。
そんなこんなで医院到着。先生が「今、頭痛いのと気持ち悪いのどう?」と訊かれ、そういえばと考えてみると、あ~ら不思議。頭痛は残っていても、家で感じた激痛ではなく、何とかなりそうな痛さ。気持ち悪さはすっかりいい。先生にそれを告げると、にんまりと先生は笑ったのでした。
検温し、喉の奥を診てもらい、聴診器で検査とおきまりの診察コースが終わると「たぶんね。今、はやりの風邪だと思うよ。お薬だしておくよ。水分取って暖かくして寝るように。あ、そうそう帰りもお母さんにおんぶしてもらって帰りなさいね。それが、ちえちゃんには一番効くお薬みたいだからね。はっはっは。」

私には何が起こっていたのでしょう。

痛みや不快感が生じている時に、苦しくきつい「仕方(思い方)」で痛みや不快感に注意が向いているとますます痛みと不快感は増幅するようです。反対に、同じ痛みや不快感が生じていても、穏やかで安定した「仕方(思い方)」で注意が向いていると、痛みや不快感があっても大丈夫といいますか、多少なりともラクな感じになる。そしてひいては、不快感そのものが解消する場合もあるようです。

私は、母の背中におんぶされることで、「仕方(思い方)」が変化したのだと思います。激しい頭痛と嘔吐が起こっていたまさにその時は、「どうしよう」「嫌だな」「苦しいな」という辛くてきつい「仕方(思い方)」で頭痛と嘔吐を感じていたのが、母の背中では、頭痛と気持ち悪さはあっても、それを安心して穏やかな「仕方(思い方)」でぼんやりと感じていた。そんな風にしていたら、随分具合いが良くなったようです。

カウンセリングでは、「仕方(思い方)」の所をとても大切に扱います。
話したいことを話し、話したくないことは話さないでいい自由な空間で、来られた方が安心して自分の心の問題を見つめることができる時、問題解決は自然と進みやすくなるでしょう。
また、呼吸法や自律訓練法を覚えていただくことで「仕方(思い方)」が次第に整い、日頃の悩み方が変化することで、抱えている悩みの解決が早くなることもあるでしょう。
同じ悩みも、「仕方(思い方)」が整い、上手な悩み方ができると、自分を傷つけ苦しめていた悩みが、人間的成長をもたらすような悩みとなるようです。

秋の夜長。今日は、随分長くなってしまいました。
また、少しずつこのコラムを書いていけるといいなと思っています。

Ohkusa Psychotherapy Educational counsel Network Laboratory
大草心理臨床・教育相談室 ”お~ぷん・ラボ”

〒226-0013 横浜市緑区寺山町97田辺ビル2F1号
TEL. 045-938-6195 FAX. 045-938-6196
Email. ml@open-labo.com
[ 個人情報について ]

© 2021 Open-Labo. All Rights Reserved.